自由猫たちの館

東京下町、沖縄、台湾の猫たちを中心に。

16mmの猫景色2。

f:id:a-lan:20180322155143j:plain

教則本などには、広角レンズ使用時ほど

被写体にぐいっと寄って、躍動感や奥行き感を

表現すべしなどと、よく書かれているわけです。

 

その伝で行くと、猫はまさに広角レンズの

被写体として打ってつけの存在なわけですが

何故、僕が撮るといつもこうなってしまうのか…。

 

猫を力強く捉えて、路地の奥行きをきちんと見せる。

ローからあおる感じかな。

せっかくバリアングルのカメラを使っているのだから

今度こそ、新しいスタイルに挑戦せねば。

 

と、机の上では力強く誓うのでありました。

 

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

16mmの猫景色。

f:id:a-lan:20180322001541j:plain

「猫がいてくれる街風景」をテーマに写真を撮る身だけに

最近はフルサイズの一眼デジカメに、16~35mmの

広角ズームレンズ1本で下町撮影に励んでいます。

 

結果、猫のアップが本当に少なくてね。

なかなか、人ウケする一枚に程遠い~(笑)。

 

通常は35mm固定で、人間の見た目と同様~よりやや広い

画角感覚で撮影しているのですが

ズームレンズたあ、また便利な代物でしてね。

 

リングをぐいっと超広角側に回すと

時に街の風景がいきなり

存在を主張してくる瞬間を感じたりもする。

 

この写真の場所は、再開発がほぼ決定し

ここ数年相当揉めるでしょうが、時代の流れには抗えない街。

 

撮る身としては、ついつい街の風情を大きく捕らえたくなるわけです。

猫より街の記録が僕のテーマかもしれないと、悩んだりする瞬間ですね。

 

う~む。

 

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村