自由猫たちの館

東京下町、沖縄、台湾の猫たちを中心に。

16mmの猫景色3。

f:id:a-lan:20180329025259j:plain

昨日の、撮って出し。

 

今年はこの1枚で、桜の季節は撮り修めかなあ…。

 

明日からは、また机にかじりついての

お仕事三昧の日々が再開するものですから。

 

ありがたいお話ですよね。

頑張ろう。

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

16mmの猫景色2。

f:id:a-lan:20180322155143j:plain

教則本などには、広角レンズ使用時ほど

被写体にぐいっと寄って、躍動感や奥行き感を

表現すべしなどと、よく書かれているわけです。

 

その伝で行くと、猫はまさに広角レンズの

被写体として打ってつけの存在なわけですが

何故、僕が撮るといつもこうなってしまうのか…。

 

猫を力強く捉えて、路地の奥行きをきちんと見せる。

ローからあおる感じかな。

せっかくバリアングルのカメラを使っているのだから

今度こそ、新しいスタイルに挑戦せねば。

 

と、机の上では力強く誓うのでありました。

 

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

16mmの猫景色。

f:id:a-lan:20180322001541j:plain

「猫がいてくれる街風景」をテーマに写真を撮る身だけに

最近はフルサイズの一眼デジカメに、16~35mmの

広角ズームレンズ1本で下町撮影に励んでいます。

 

結果、猫のアップが本当に少なくてね。

なかなか、人ウケする一枚に程遠い~(笑)。

 

通常は35mm固定で、人間の見た目と同様~よりやや広い

画角感覚で撮影しているのですが

ズームレンズたあ、また便利な代物でしてね。

 

リングをぐいっと超広角側に回すと

時に街の風景がいきなり

存在を主張してくる瞬間を感じたりもする。

 

この写真の場所は、再開発がほぼ決定し

ここ数年相当揉めるでしょうが、時代の流れには抗えない街。

 

撮る身としては、ついつい街の風情を大きく捕らえたくなるわけです。

猫より街の記録が僕のテーマかもしれないと、悩んだりする瞬間ですね。

 

う~む。

 

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

桜前線。

f:id:a-lan:20180314105206j:plain

今年はかなり早くなりそうですね。

猫撮りのスケジュールを組み直して

万全の準備を整えなければ。

今年は夜桜猫写真にも挑戦しようか。

でも、飲んじゃうか…(笑)。

 

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

東京都下町猫一丁目。

f:id:a-lan:20180119135713j:plain

束の間の日向を求めて、わらわらと

湧いて来た子達に占拠された路地裏。

下町が猫町へと姿を変えました。

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

尻りあい。

f:id:a-lan:20171227230952j:plain

最近マメに通う路地の一場面。

僕が同人参加している「東京猫色」でアップしたシーンの数秒後。

東京猫色 : 路地に寄り添う。

 

顔が写っていなくとも、絵になる場合もあるのかしら。

うかつには、シャッターボタンから、指を離せませんね。

 

それにしても、老師でもないのに走らされた12月。

猫写には一切出掛けられませんでした。

もう、晴れ晴れとした日々が続いていたというのに~。

 

というわけで、やっと明日、何とか~~~。

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村