自由猫たちの館

東京下町、沖縄、台湾の猫たちを中心に。

古都猫色8。

f:id:a-lan:20181105170529j:plain

この町に通い始めて10年足らず

初めてこの路地を見つけました。

川とお寺と崖線に囲まれひっそり佇む家並みとどん詰まりの路地。

当然、いました(笑)。

 

「あなた、NHKに出てる人でしょ」

通りすがりのおばあちゃんから一言。

はい、これで3回目の嬉しい人違いです。

まあ、一見風貌が似ていない事もないので~。

やはりこの一帯、一昔前は野良猫であふれていたとか。

もう5年早く気付いていれば、と後悔し切り。

 

「この町に来る事はもうないかもな・・・」

そんな悲観的な思いがぬぐえぬ3泊4日でしたが

最後にまた来よう、そう思い直させて貰えた

素敵な出会いに恵まれた旅となりました。

 

そうだ、また古都へ行こう。

 

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

古都猫色7。

f:id:a-lan:20181102220350j:plain

「橋の下自由軒」(ピンと来る方がいたら喝采!)を舞台に

おいちゃんたちと猫たちとが営んでいた生活は

この川沿いの風物詩でもあったわけですが

近年の異常気象の影響か、はたまたとある意識がなせる業か

気付けば、すっかり清潔な遊歩道と化していました。

 

古都中頃のメイン通り近辺に並んでいた

床下の猫ハウスも姿を消していましたから

まあ、気象対応なのでしょうね。

ニュース映像で見る限り、明らかに生活レベルを

越えた濁流が大暴れしておりました。

 

そんな諦め気分で歩いていた●条橋下。

いたじゃないか、と駈け寄ったトラ君の首には

実に可愛らしいお世話の輪っかが。

 

おいちゃんたちは、どうやらこの地を卒業したらしいけれど

踏み止まった君たちは、新しいパートナーと

生活を始めているいるのですね。

 

とりあえず、熱いだろうと影に引き込もうとした僕ですが

トラ君は頑と構わずゴロゴロ熟睡。

そんな天下御免な態度に

「まだまだ大丈夫」と

よくわからない励ましを貰った僕でした。

 

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

古都猫色3。

f:id:a-lan:20181026151013j:plain

雰囲気十分の路地を発見。

「あ~、こーゆーところを猫が歩いていてくれれば」

とぼやいていた僕を、ものすごい勢いで

追い抜いて行ったブチ君。

とっさにカメラを持ち上げシャッターを切ったものの

この一枚が限度だった・・・。

 

今回、3泊4日の京都旅で撮影したカット数は僅か980枚。

1日ではありません、全体でです。

朝から晩まで足を棒にして歩いて

出会えたシーンは10にも足らず・・・。

 

かつて足繁く通った猫スポットは

今回その全てが姿を消していました。

本当に減ってしまった・・・。

 

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

古都猫色2。

f:id:a-lan:20181025105932j:plain

寺社仏閣に猫の姿は何故かくも似合うのか。

やはり仏典をネズミの害から守るために

渡来したからなのですかね~。

 

この神社では多くの猫がお世話になっていますが

その立ち居振る舞いはどこか高貴で

やはり都人に愛されて来た血筋は大したものだと妙に納得。

 

それにしても、D5に70-200mF2.8でキメたN爺さんが

ポッケからネコじゃらしを取り出した時は

もうどうしたらよいのか、大変困惑致しました~。

 

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村