読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由猫たちの館

東京下町、沖縄、台湾の猫たちを中心に。

写真展「ちゅらねこ 沖縄猫景色」開催します。

f:id:a-lan:20150422151626j:plain

4月24日(金)~30日(木)

祖師谷大蔵「galelly paw pad 肉球画廊」にて。

12:00~18:00 金・14:00~ 木~16:00

http://blogs.yahoo.co.jp/gallerypawpad

 

書籍編集者を生業とする僕は、

常に黒子として、表現者の皆さんと接してきました。

猫写真の世界でもしかり。

自分でも撮るものの、活動や発言は

いつも猫写真家さんたちの横から

第三者的に行う事を心がけていました。

表現者の無垢な思い込みを、芸術に昇華させるための

あくまでも、「お手伝い」。

これこそが編集者の務めであって、

自らが彼らと同じ土俵には、上がりたくとも上がってはならない、と、

自分を戒めてきたものです。

 

でも、人間って、欲があるものなんですね。

齢50の半ばを迎えて、残り時間がそろそろ見えてくると、

こんな僕でも身分不相応な夢を見てみたくなりました。

表現者と編集者との間に流れる、深くて暗い川を(笑)、

ぴょんと飛び猫してみたくなったわけです。

 

で、今回、生まれて初めての写真展を開く機会に恵まれました。

豪徳寺のねこ雑貨店「東京ねこなかま」さんが

祖師谷大蔵のギャラリー「肉球画廊」様で開催する販売イベントに

僕が撮った沖縄の猫たちの写真を、展示させて頂ける事になりました。

 

写真のセレクトには、東京ねこなかまさんのご希望を反映させました。

明るくて可愛い系の写真を多くセレクトさせて頂きました。

僕に好きに選ばせたら、暗くて猫が小さい写真ばかりになってしまう。

オーナーのmomoさん、流石わかってらっしゃる(^^ゞ。

 

画廊には金土日曜日に入る予定です。

もし、遊びに来られた時は、ぜひお声掛けください。

白髪で禿げ茶瓶の、もやしおじさんが僕です。

売り込も手伝わされますので、すぐに分かりますよ。

 

もちろん写真力は作家の皆さんの足元にも及ばない僕ですが、

公的なギャラリーで自分の写真を展示までして、

ぐだぐだ言い訳的な予防線を張っても仕方ありません。

どうか大勢の方にお越し頂き、叱咤激励を頂けましたら幸甚です。

 

宜しくお願い致します!

阿朗(a-lang)こと、奥村準朗 拝。