自由猫たちの館

東京下町、沖縄、台湾の猫たちを中心に。

束の間の。

時が来るまで、最高の遊び場として、楽しんでおくれ。 にほんブログ村

盛り場ルール。

優しい側の人だと分かっているのに 最初の挨拶は無意識に構えてしまう。 庶民的な町で、様々な人々を やり過ごさなければならない この子達の処世術。 にほんブログ村

開かない扉。

推測ですが、かつては扉の前には路地があり そして路地は、実際には手前の家の私道であった。 しかし、手前の家が駐車場になった際、無常にも 土地境界線通りにブロック塀が建てられてしまった。 爾来、猫の通り道と化した開かない扉なのですが 人が普通に住…

オフリミット。

ここから先は、物理的にも 対面的にも、常識的にも余所者は入れない 土地に住む人と猫のためだけの空間。 にほんブログ村

楽園の一コマ。

初めての下町で偶然立ち寄った、とある公園にて。 MAX20匹ですって! 朝から晩まで、約10人の方が入れ替わり立ち代り。 「そりゃあ、ふくよかにもなるよね」 と、嬉しそうに笑う管理人のおじさん。 楽園発見。 にほんブログ村

撮ったど!。

ニャンプやあくびの瞬間が撮れる度に、 喜んでいるようではまだまだ。 猫写師匠の皆さんからは、そんなお小言を聞かされそうですが、 でもモニターにこんな画像が残っていたら、 やはりニンマリしてしまうのが、人情ですよね。 にほんブログ村

灯火。

初めて見つけた猫屋敷は 既に風前の灯火でした。 にほんブログ村

陽だまりの友人。

陽だまりを共有するお年寄りと猫。 下町の、当たり前の光景ですね。 お互いに見守っている。 実はフレーム外に、あと4匹いるのでした~。 にほんブログ村

出ました~。

通いなれた町のはずなのに いつでも迷ってしまう、東京の下町にて。 今日も、何の気なしに角を曲がったら こんなん出ました~。 だから路地歩きはやめられません。 にほんブログ村

朋友。

この公園に集う老人たちと猫との交流は それはそれは、無垢で淡くて、そして高貴なもの。 にほんブログ村

冬の光。

この季節の限られた時間帯にしか現れない こんな光の瞬間がお気に入りです。 にほんブログ村

心の友。

本年もよろしくお願いいたします。 にほんブログ村

マブイの落とし物。

沖縄や奄美で「魂」を意味する言葉、「マブイ」。 「赤レンガ倉庫ねこ写真展」が終わって早5日。 生活はとっくに普段の姿に戻っているのに、 心は未だに南の島をたゆたっているような…。 マブイをあの市場に落としてきちゃったかしら。 となると、取りに行か…

祭りのあと。

♪「祭りのあとの寂しさが いやでもやってくるのなら」、 やっぱり猫写で乗り越えるしかないでしょうね。 終わりました「横浜赤レンガ猫写真展」。 1000点を超える展示写真にたまげ、 自分の作品の存在感のなさにたじろぎ、 素通りしてしまう方々を目の辺りに…

横浜赤レンガねこ写真展、2日目終了。

拙作も参加させていただいている 横浜赤レンガねこ写真展。 雨天にもかかわらず、本日もたくさんの方々に 足を運んでいただけた様子で、うれしい限りです。 僕は初日に伺ったのですが、そうそうたる 猫写真師匠の方々から、きつい一言を 早速頂戴いたしまし…

横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展、いよいよ開幕です。

史上最大規模の猫写真展「横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展」、いよいよ明日から、 11月23日(月祝)まで開催です。事務方の皆様、本当にお疲れ様です。 これからが本番ですが、職業柄イベントの大変さを知る身としては、 ここまでの道程のご苦労に、首を垂れ…

横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展に参加します。

11月17日(火)~23日(祝)まで、横浜赤レンガ倉庫で開催される、 史上最大規模の「ねこ写真展」に参加します。 雑誌やテレビでおなじみのプロ作家が、猫をモチーフに展開する写真展の 末席を汚させていただく運びになりました。 その緊張たるや、しゃれに…

もう少し。

お日様が色づいてきたら そろそろおうちに帰る頃。 人の足もいよいよ速くなってきて チンチン鳴る間もせわしい時間帯。 もう少し、もう少しだけ。 その気持ち、子どもの頃の僕だから、 もう少しだけ、君たちを見守っていてあげよう。 分かるなあ。 にほんブ…

深窓の令嬢。

ん? ひょっとして、ニート君? いやはや。 にほんブログ村

邂逅。

私信です。 この街を訪れたのは、2年ぶりくらいかしら。 公私共に、あんなにも夢中になったものなのに。 ちょっと会社的な事情もありましてね(笑)、遠ざかっていた。 この街の持つ雰囲気やお国気質から、 距離を置きたくなっていた、自分があったりしたわ…

夕餉時。

この時刻に歩みが速くなるのは、 何も人間だけではありません。 帰って来る子、出かける子。 それぞれの、夕餉の場所にいそいそと。 猫も人も、一日で最も心躍る時間帯。 にほんブログ村

真夜中のアイドル。

毎夜10時ころに始まる、アイドルライブは 会社帰りや酔客を相手に、終電まで延々と続きます。 にほんブログ村

守護。

夜ご飯をむさぼる、突然この場所に現れた子猫たち。 当初はもつやもたざるや、たいそう心配したものですが、 あれから2ヶ月、健気に育ってくれている様子。 この子達の守護天使は、この場所から数軒先の中華屋の女将さん。 写メに興じるカップル達の後ろに隠…

挑戦。

11月に横浜赤レンガ倉庫で開催される 史上最大の猫写真展~今を生きる猫たちのキロク・キオク~に 参加させて頂く運びとなりました。 個人名で公的な発表会の経験がない僕ですので、 お話を頂いた時は、どぎまぎしつつも、いい経験と 喜んで受けさせて頂いた…

一息。

深夜の大暴れ後、ちょっと一息の子供たち。 でも、息つく間もなく、すぐにまた追いかけっこに興じる彼ら。 深夜とは言え、まだまだ蒸す今宵。 この元気を見習うには、根性と、気合と、レッドブルと 後、何が必要なのかしら。 若さ、とだけは言わないでね(^^…

疎通。

深夜の公園、動くでもなく鳴くでもなく。 でも、あらゆる意思が互いに疎通しているからこその安寧。 相手を想い、尊重することから生まれる、猫集会の静寂。 ひとつ、人間も、体験参加させて頂きませんかね。 にほんブログ村

跳舞。

お楽しみはこれからだ。 深夜12時の住宅街。 跳ねるように舞うように 友を求めてお出かけ時分がやって来た。 いそいそ嬉しい君たちの気分を 僕にもおすそ分けさせて下さいな。 にほんブログ村

勝手。

勝手に居るわけじゃない。 勝手に置き去りにされたから、やむを得ず居るだけだ。 だのに、したり顔で勝手に糧食を断つ権利が僕らにあるのか。 この子たちを置き去りにした、奴らの勝手を放っておいて 公共迷惑を云々するなんて、そちらの方が よっぽど勝手じ…

勤め。

誰かに教えられたわけでもなかろうに。 検索でもしたのか、辞書で調べたのか。 何故この母親は自ら為すべき勤めを かくも完ぺきに、進んでこなせるのか。 思わず見入ってしまうその原因は 単に僕が猫好きだからではなく 無意識に彼女から、何かを学んでいる…

新顔。

深夜11時の商店街にて。 新しい家族が、路地の奥で生活を始めた。 通りがかりのカップルが楽しげに写メする姿を横目に シャッターを閉めに出てきた中華屋の親父は舌打ちを鳴らす。 「この子たちは悪くないさ。でもとにかく臭うんだ」 こわもての割には、この…

招く。

夜11時に猫が招く物。 施しのカリカリ。 施す人の安寧。 いえいえ、せっかくだもの、 一緒に招こう、君の幸せを。 にほんブログ村

勤め。

お休みの日、せっせと朝のお勤めに励む住人たち。 おいちゃんは家をきれいにし、猫たちは自らをきれいしに。 それぞれが、やるべき事を淡々とこなす下町は 今日も平穏、今日も優しい。 にほんブログ村

認識。

「あの人、何かくれそう」 「やや怪しの影、すわ!」 「変なおっさんがやって来たなあ」 猫それぞれだもの、人ならもっと個性それぞれ。 歓迎されれば、忌避もされる。 世の中は十人十色、だから面白い、バランスが取れる。 それぞれの立場を認識し、互を尊…

感謝。

日盛り楽しいご飯どき家族が揃って頂けるのもお婆さんのおかげです猫のために生きものために無償の愛を愉しみと為すお婆さんのおかげです にほんブログ村

緑園。

緑の季節にお出かけしたくなるのは どうやら人間だけではないようですね。 キラキラを求めて、路地の向こうとこちら側。 思わず緊張した僕に比べて、なかなか余裕之介の君たち。 どうぞどうぞ、お通り下さいな。 にほんブログ村

静寂。

深夜零時の公園猫。 人の波もようやく途切れて 街に静寂が訪れる頃 一つ、また一つ、公園のあちこちに つぶらな瞳がキラリ。 街の主役の座をバトンタッチする時間です。 にほんブログ村

一緒。

一緒に遊んで。一緒に喧嘩して。 一緒に泣いて。一緒にご飯食べて。 一緒に何かをすることの意義を 生きとし生けるものは皆知っています。 にほんブログ村

挨拶。

「どこに行っていたのニャ~~!」 つれない素振りで僕を振りながら それでもいつでも待っていてくれる君。 ただいま。おかえり。 さりげない挨拶をするためだけに またこの場所に来てしまう。 にほんブログ村

共有。

人だって猫だって、用事や遊びで使う道。 お先にどうぞ。ありがとう。 互いに気遣い、共有する事の大切さ。 猫は下町ルールの優しさを気付かせてくれます。 にほんブログ村

確認。

僕たちは今日もここにいるよ。 この子たちは今日もここにいる。 確認し、安心し、何事もなく。 猫は街の平安の証です。 にほんブログ村

夢中。

夢中になれるには無垢でないとね。 夢中になれるには元気がないとね。 夢中になれるには友がいないとね。 だから夢中になれる猫に学ぶのです。 にほんブログ村

距離。

生きとし生ける者の距離が近いと云うだけで 世の中かなりの問題が、未然に防げるのではなかろうか 猫は世界平和の最終兵器 下町を歩くと、本気でそんな事を考えたりするのです。 にほんブログ村

施し。

人が施すわけではありません。 猫から癒しと言う名の施しを受けているの図。 猫はいつだって、人にとって 大切な気持ちを思い起こさせてくれます。 にほんブログ村

団欒。

無償の慈しみ。 孤高の瞑想。 いつだって自然体でいられる猫に 悟りの奥義を学びたいものです。 にほんブログ村

堂々。

気持ちがさびしい時だって 財布がさびしい時だって(^^ゞ いつだって堂々ふるまえる強さ。 猫は心の師匠なのです。 にほんブログ村

盟友。

見守り、見守られて。 主従ではなく、親友として。 人と対等に生きてくれるからこそ 猫から学ぶ事は多いのでしょう。 にほんブログ村

無邪気。

猫の無邪気な遊びを、無邪気に楽しむ人間。 邪気がなくなると、心はかくも軽くなる。 猫はそんな事も教えてくれます。 にほんブログ村

気まま。

気ままに伸びたり。 気ままにあくび。 平凡な営みの中にある幸せを 猫はいつだって教えてくれます。 にほんブログ村

縁側にて。

失ってしまったもの。 失いつつあるもの。 失ってはいけないもの。 大切な事は、すべて猫が教えてくれます。 にほんブログ村

もう一つの「ちゅらねこ」。

祖師谷大蔵の「肉球画廊」様で開催させて頂いている 青い空、海、白い砂浜とたわむれる猫たちを描いた 僕の初めての写真展「ちゅらねこ 沖縄猫景色」の世界とは異なる もう一つの沖縄猫の姿を同時に追っています。 那覇市のど真ん中に存在する、戦後すぐに建…