自由猫たちの館

東京下町、沖縄、台湾の猫たちを中心に。

古都猫色8。

この町に通い始めて10年足らず 初めてこの路地を見つけました。 川とお寺と崖線に囲まれひっそり佇む家並みとどん詰まりの路地。 当然、いました(笑)。 「あなた、NHKに出てる人でしょ」 通りすがりのおばあちゃんから一言。 はい、これで3回目の嬉しい…

古都猫色7。

「橋の下自由軒」(ピンと来る方がいたら喝采!)を舞台に おいちゃんたちと猫たちとが営んでいた生活は この川沿いの風物詩でもあったわけですが 近年の異常気象の影響か、はたまたとある意識がなせる業か 気付けば、すっかり清潔な遊歩道と化していました…

古都猫色6。

繁華街からはすっかり姿を消してしまった猫たちですが 隣接する寺町では、辛うじて出会いに恵まれました。 しかも、子猫! この後、思わず独り祝杯に勤しんだ私でした。 にほんブログ村

古都猫色5。

何気ない路地ですが、石畳であったり さりげなくお札が貼られているなど やはり、旅人の心をかきたててくれる古都なのです。 にほんブログ村

古都猫色4。

にほんブログ村

古都猫色3。

雰囲気十分の路地を発見。 「あ~、こーゆーところを猫が歩いていてくれれば」 とぼやいていた僕を、ものすごい勢いで 追い抜いて行ったブチ君。 とっさにカメラを持ち上げシャッターを切ったものの この一枚が限度だった・・・。 今回、3泊4日の京都旅で撮影し…

古都猫色2。

寺社仏閣に猫の姿は何故かくも似合うのか。 やはり仏典をネズミの害から守るために 渡来したからなのですかね~。 この神社では多くの猫がお世話になっていますが その立ち居振る舞いはどこか高貴で やはり都人に愛されて来た血筋は大したものだと妙に納得。…

古都猫色。

このような出会いに恵まれるのだから 山道をふうふう登った甲斐があるというものです。 数年ぶりの京都の街は、驚くほど変貌を遂げていました。 錦小路も先斗町も、商売はさぞかし繁盛している模様でしたが その分、情緒を楽しみに訪れる街ではなくなりまし…

束の間の陽気。

穏やかな光と、輝く若葉と、まどろむ日向猫。 今年はそんな瞬間に出会える時間の本当に短かった事。 早く秋が来ないかなあ・・・。 にほんブログ村

専用通路。

車両は言うに及ばず、人間も進入禁止。 光差す時間帯、この路地は猫天国。

16mmの猫景色3。

昨日の、撮って出し。 今年はこの1枚で、桜の季節は撮り修めかなあ…。 明日からは、また机にかじりついての お仕事三昧の日々が再開するものですから。 ありがたいお話ですよね。 頑張ろう。 にほんブログ村

16mmの猫景色2。

教則本などには、広角レンズ使用時ほど 被写体にぐいっと寄って、躍動感や奥行き感を 表現すべしなどと、よく書かれているわけです。 その伝で行くと、猫はまさに広角レンズの 被写体として打ってつけの存在なわけですが 何故、僕が撮るといつもこうなってし…

16mmの猫景色。

「猫がいてくれる街風景」をテーマに写真を撮る身だけに 最近はフルサイズの一眼デジカメに、16~35mmの 広角ズームレンズ1本で下町撮影に励んでいます。 結果、猫のアップが本当に少なくてね。 なかなか、人ウケする一枚に程遠い~(笑)。 通常は35mm固定…

桜前線。

今年はかなり早くなりそうですね。 猫撮りのスケジュールを組み直して 万全の準備を整えなければ。 今年は夜桜猫写真にも挑戦しようか。 でも、飲んじゃうか…(笑)。 にほんブログ村

東京都下町猫一丁目。

束の間の日向を求めて、わらわらと 湧いて来た子達に占拠された路地裏。 下町が猫町へと姿を変えました。 にほんブログ村

尻りあい。

最近マメに通う路地の一場面。 僕が同人参加している「東京猫色」でアップしたシーンの数秒後。 東京猫色 : 路地に寄り添う。 顔が写っていなくとも、絵になる場合もあるのかしら。 うかつには、シャッターボタンから、指を離せませんね。 それにしても、老…

誰かが見ているぞ!

子猫来た来た~っと、カメラを構えた瞬間 オジサンの禿げ頭のてっぺんに、熱き視線を感じました。 お母さん、やはりね。 怪しい者ではございませんが、今回はここまで。 また参ります。 にほんブログ村

昨日と同じ幸せ。

久しぶりの東京下町某所では、今日も昨日と同じように チンチン電車と猫が生活空間を共存、長閑な光景を醸し出していました。 明日もこの幸せが続きますよう、これからも 下町行脚に精を出そうと心に誓った僕でした。 南の島痴呆症に罹患していた僕ですが、…

ロスを超えて。

(2015年撮影。既になし) (2013年撮影。既になし) ここ数年来の、僕の那覇市農連市場の猫景色への思い入れは 我ながら、やや○ちがいめいていると自覚していただけあって 一時代を看取った今、喪失感に心を占領され 思いっきり猫写真ロス状態に陥ってしま…

僕は忘れない 南の島の市場猫 最終回。

(2017年10月25日、26日に撮影) 11月1日に華やかに開幕した「のうれんプラザ」。 中旬にかけて、各ショップも続々とオープンし 那覇市に新しいランドマークが誕生します。 (琉球新報の記事より、ちと拝借~) これを期に、有名な牧志の公設市場、安里の栄…

僕は忘れない 南の島の市場猫4。

2017年10月26日に撮影。 新しい市場への引越しまで後5日。 そろそろ整理を始めないとと語る、花屋のお母さんでしたが 目を細めて猫を見つめるばかりで、手は中々進みそうにありませんでした。 「でもいい場所を貰えたから、年だけどもう少し頑張らないとね」…

僕は忘れない 南の島の市場猫3。

上の写真は2010年に撮影。 ガーブ川の北側に沿って走っていたスロープは 新しい農連市場の出入り口へと姿を変えました。 11月1日に正式にオープンした「のうれんプラザ」ですが その様子は沖縄タイムスや琉球新報の報道や 市場で働かれている方のブログなど…

僕は忘れない 南の島の市場猫2。

上の写真は2008年に撮影。 カメラの向きは逆側からですが、同じ場所の、使用前、使用後。 既に移られた方もいますが、市場の皆さんの多くは 11月1日に一斉に引越しをなさいます。 「ああいうビルは嫌い。この場所がいい!」 眉間にしわを寄せて言い切った、…

僕は忘れない 南の島の市場猫。

来る11月1日を以って、沖縄県那覇市の公設青物市場 「農連市場」の旧棟で行なわれていた商行為は すべて川を挟んだ向かいの新棟「のうれんプラザ」に移行、閉鎖。 南の島の市場は、昭和28年以来の歴史に幕を降ろします。 市場跡は近々高層マンション郡へと変…

ラストデイズ 南の島の市場猫6。

遂に新聞等にて正式報道がなされました。 10月17日新市場オープン、南の島の市場は10月末を以って閉鎖。 順次取り壊し、近い将来マンション郡がこの場所に誕生します。 時は正に、僕がこの市場の変遷を写真展示させて頂く 「渋谷ルデコねこ写真展」の開幕日…

ラストデイズ 南の島の市場猫 番外。

おなじみ「横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展」のスピンオフ企画として 10月17日(火)~23日(月)の期間、渋谷のギャラリーで開催される 「渋谷ルデコねこ写真展」の初日まで、後1週間となりました。 渋谷ルデコねこ写真展 – 今を生きる猫たちのキロク・キオク …

ラストデイズ 南の島の市場猫5。

先日、僕が同人参加している猫写真ブログのミーティングの席上で リーダーから「猫が写っていない写真はアップ禁止」と 面と向って叱責を喰らったのですが~(笑)。 でも、猫いるもん…。 とにかく「猫がいる街景色」を撮りたくて、残したくて。 気付くとど…

ラストデイズ 南の島の市場猫4。

一年前までは50mmに夢中で、単焦点レンズ一本で何も不便を感じませんでした。 その後、僕の猫写師匠から「お前の画角は35mmなり」との御託然が下り それを受け、現在は16~35mmのズームレンズを付けっぱなしで愛用しています。 当初は35mm位置にテープを貼り…

ラストデイズ 南の島の市場猫3。

こっちだったかな…? 類似カットの連投、すみません。 10月17日から始まる、「渋谷ルデコねこ写真展」での展示予定写真の アナザーを、もう一枚アップさせて頂きました。 というのも、今に至ってもどれが良いのか分からず。 プリントはとうに発注スミなので…

ラストデイズ 南の島の市場猫2。

シャッターを切った瞬間、貰った、と直感しました。 消え行く古い建屋、工事の進捗を想起させるユンボ そしてバックには聳えつつある新市場棟。 すべての要素が猫とともに一枚に収まりました。 真ん中あたりにもう一匹いて欲しかったけど ま、これでいいのだ…