自由猫たちの館

東京下町、沖縄、台湾の猫たちを中心に。

桜の森の満開の下。

f:id:a-lan:20170419231954j:plain

刹那、虚無、孤独、そして淡々、或いは解脱。

舞い散る桜花を纏い、穏やかな時を喫する三毛猫の様は

この季節の日本の心持ちを、実に体現していると感嘆させられます。 

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

西国猫景8。

f:id:a-lan:20170214163231j:plain

f:id:a-lan:20170214163245j:plain

f:id:a-lan:20170214163303j:plain

また来ます、西国。

また来ます、猫の街、猫の港。

再会の日まで、お互い元気で。

 

それにしても何ですな。

僕にしては、猫の姿が大きく写った写真が多い

港での猫撮りになりましたね。

だって、身を引いても引いても

構って構ってと、突撃して来るのだもの~。

幸せでした。

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

西国猫景7。

f:id:a-lan:20170207100656j:plain

基本的に通過型の猫撮り屋です。

イメージした瞬間を徹底的に待つ、なんて芸当は

親譲りのいらちな性格で出来るはずもなく

街を流しながら、スナップ感覚で今そこにある猫景を撮って来ました。

しかしこの港では、珍しく1時間半も粘ってしまった。

いや、気付けば1時間半も経っていて、仕事に間に合わなくなるので

泣く泣くその場を後にしたものでした。

旅行だったら、半日張り付いたかもしれん。

夜明け、港、懐っこい猫たち。

いつも路地裏で這いつくばっている身には

何とも魅力的なシチュエーションなのでした。

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

西国猫景6。

f:id:a-lan:20170201155739j:plain

早朝2時間ほどの間に、ピーカンから吹雪まで

お天道様の機嫌コロコロ変わったとある港町。

カメラの設定をついつい戻し忘れて

モニターを見て何度もがちょ~ん状態となりました(笑)。

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

西国猫景5。

f:id:a-lan:20170129180925j:plain

西国には珍しい雪の朝

身体はかじかみ、早くも酒を求めます。

焚き火場で興じる漁師さんたちに混じって

炙ったイカでも肴にしながら

熱燗片手、演歌の世界にどっぷり浸りたかったな~。

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

西国猫景4。

f:id:a-lan:20170126142351j:plain

実は港で猫を撮影した経験は殆どありません。

沖縄と三崎のとある島で撮ったかな、という位。

夜明けの港にて。

景色すべてが新鮮で、人懐っこい猫たちとの遊びも楽しく

気付けば出発の時間がすぐそこに迫っていたのでした。

 

それにしても何ですな。

刻々変化する太陽の位置と光の状況と

気まぐれな猫の動きに振り回されての撮影が

これほど大変なものだったとは。

 

焦りまくりながら、前に後ろに、上へ下への大騒ぎ。

あっと言う間に16Gを撮り切るものの

達成感はなかなか得られないのでした(笑)。 

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村

西国猫景3。

f:id:a-lan:20170124104804j:plain

5分前までピーカンだったのに~…。

って、でもこちらの方が風情があるか。

それにしても何ですな。

天候云々を忖度し過ぎるよりも

状況に最適な撮り方こそ模索すべし、ですね。

 

珍しくAPS-Cカメラとズームレンズで撮った一枚ですが

換算したら、現在挑戦している画角

35mmにほぼ合致していたのが嬉しかったのでした。